FC2ブログ
Windsteiner Weg52a
たまに更新します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Pacers 5連勝
今年は、乱闘事件やら起こしたPacersが5連勝中である。
Pacersと言えばReggie Millerである。
Reggie は今年で引退するとのことである。
非常に残念なことである。歳は40歳前といったところで
あるが、彼の動きを見ていると40歳とは思えない感じである。
今シーズン序盤はエースJermaine O'Nealの活躍があるものの、
故障者リストに入るやいなやReggieの活躍が目立ってきた。
残り数十秒でのReggieの活躍は物凄いものがある。
これこそ、エースである。

NBAの放送を見ているとわかるが、Reggieが3pointシュートを
放つときは観客総立ちである。それで、決まるから凄い。

Reggieの活躍はもちろん凄いが、Dale Davisの加入も大きい。
Dale Davisといえば、Pacersがファイナルまで進んだときの
メンバーである。目立ってはいないが、Dale Davisの存在は
大きく、彼がリバウンドを取ることは、Pacersの勝利に貢献
している。

プレーオフが非常に楽しみである。
スポンサーサイト
スーパースター
NBAのトレード期限日に10件のトレードが成立したそうだ。

その中でもChris WebberがSacramento(Kings)から
Philadelphia(76ers)へトレードされたのは意外だった。
というのは、自分が事情を良く知らなかったせいもある。

google等で検索してもらえればすぐに手に入る情報であるが、
Chris WebberはMichigan大出身で、大学一年時にNCAAのファイ
ナルを戦っている。凄いのは、このときのMichigan大の
スターターは全て一年生だったことだ。当時Fab Fiveと呼ばれ
ていたと記憶している。Jalen Rose(Toronto、Raptors)
Juwan Howard(Houston、Rockets)は今もNBAで活躍している。

話は、Webberに戻るが、今シーズンの成績は数字上は1ゲーム
あたりの得点が21.3、リバウンドが9.7と決して悪い数字ではない。

ところが、数字には表れないものがある。それは、ここ一番
での強さである。試合開始直後の2点も、決勝点の2点も数字
上は同じ2点である。しかし意味が大きく違う。

どうやら、Webberにはここ一番の強さが足りないようだ。
PlayerのSalaryランクを見ると全体で3位にランクされている。
もちろん、Kingsでは1位である。つまり、Kingsのスーパー
スターはWebberであったはずである。スーパースターとは
ここ一番でやってくれる人のことを言う。

トレード後の初戦、76ers VS Kingsの試合結果は99対101で
Kingsが勝っている。残り3.4秒でWebberが放ったシュートが
外れた。これが入っていれば、オーバータイムに持ち込めた
ところである。想像でしかないが、Kings側はにんまり、
76ers側はやっぱりかという表情だったのではないだろうか。

スーパースターとは勝負強い、みんなの期待を裏切らない人を言う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。